※対面型研修風景
 

研修の効果と流れ

 

参加後の社員の変化

 

効果①

 
 

仕事や会社の意義を再発見

 

仕事や会社を客観的に捉え直し、自分の仕事・働き方・人生を見直すきっかけに

 

効果②

 

自信自己肯定感の回復

 

頑張った過去や、自分の軸・価値観が言語化され、再び前に向かって挑戦する意欲に

 

効果③

 

コミュニケーション意識が変化

 
 

自分(自社)本位のコミュニケーションから、相手に「伝わる」コミュニケーションへ

 

研修の流れ(オンライン版の例)

 

本研修は、自身のプレゼンストーリーを企画し、完成させていく3日間と、

実際に高校生に授業を行う1日により、構成されます。

 

DAY1・2・3

企画・準備ワーク

 

他社参加者や高校生役の大学生との

グループワークを中心とした研修が、DAY1「エピソードの整理]

DAY2「ストーリー構成作り」

DAY3「プレゼンリハーサル」

の3ステップで進行します。自身の体験を、活動分野の異なる第三者の視点に晒し、客観化することで、新しい気づきが生まれ、深い内省が進みます。

 
新特徴1-4.png

DAY4 

高校でキャリア授業

 

司会役の大学生ナビと共に、約20名のクラスを受け持ちキャリア授業を実施。高校生の前で約30分、DAY3までに作り上げたストーリーをプレゼンし、その後高校生のワークに参加する形で交流します。自身のプレゼンが意図通りに伝わったかどうか、プロジェクトの成果がその場でリアルにわかります。

 
新特徴5-6.png
クロージング&メッセージ渡し.jpg
高校生の感想
 

次々と心に響く言葉が流れてきて、人はいつでも変われるんだ、と勇気をもらいました。(高1・女子)

 

「私の代わりはいくらでもいる」という言葉が、今悩んでる私の胸に刺さりました。(高2・女子)

 

自分にも、まだ無限の将来の可能性があると思えました。

(高1・男子)

 

小さい出会いが人生を変える。今は自分の視野が狭まらないように、できることを最大限やって後悔しない高校生活を過ごします!(高2・男子)